AV女優と高級ソープで1日平均30万円を稼ぐシングルマザーインタビュー

9ヶ月の男の子を1人で育てる23歳のシングルマザーMさん。これまで風俗で働いた経験がなかった彼女ですが、一人息子を養うために決心してこの世界に飛び込んだといいます。

 

「子供が生まれてすぐ、離婚した時に本当に悩みました。私は高卒で学歴も職歴もないし、どうやってこの子を育てたらいいか本当に悩みました。私、若い時にキャバクラで働いたことがあるんですけど、さすがにキャバクラの給料はたかが知れてるし。だから風俗やろうって決意しました。若いうちしかこの仕事って大金稼げないじゃないですか。短時間でより多く貯金するにはどうしたらいいか、知り合いに相談したんです。そしたらAVがいいよって言われて…」

 

Mさんが出演したのは、全部で単体で3本。売れっ子とは言えず、AVで大金を稼いだという結果にはならなかったと言います。でも彼女はAVに出演したことを全く後悔していないそうです。「私の今の稼ぎは、この単体の出演作が支えていると言っても過言ではありません。【AV単体女優】という看板をHPに出すだけで、お客さんがどこからでも集まってきます。出稼ぎに行けば予約は埋まるし、普通60分1万2千円くらいのお店で、私だけ2万円のバックで働くことだって可能になります。中には、チップを弾んでくれるお客様もいます。」

 

こんなに稼ぐ彼女だが、月の勤務日数はたった7日間。月に1回出稼ぎに行って終わりだという。「できればもっと働いて稼いで貯金したいです。でも、子供の成長を見れるのは今しかない。パパがいない分、私が見てあげたいって思います。だから、短期間で稼いで、あと3週間はずっと子供と一緒に過ごしています。この稼ぎ方が続けられるのは、保育園に入る年齢になるまでです。それから先はまた考えなきゃいけないです。」

 

若干23歳のシングルマザーは、私たちが考えているよりずっとシビアな世の中を生きている。

 

S__4972595 写真 2016-09-12 17 34 47

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です