専属風俗嬢が昼職に戻る厳しさ

こんにちは!秘書ぴです。

最近色々なお仕事をできる機会が増えて、とても充実しています。

私の働き方は世の中では「フリーランス」と言う働き方です。

今は仕事を一緒にやろうと行ってくれる方々がいて、お仕事があって給料が貰えるのですが、たまに今の仕事が全部なくなった時どうしようと考えます。

今からフリーランスとして現在のお仕事以外でも、ある程度のお金を得ることのできるスキルを身につけるか、それともまた昼職に戻るのか・・・。

そんなことをたまに考えていると「私昼職に戻れるのかな?」と不安になります。

今日は風俗嬢が昼職に戻ることの厳しさについてお話をします。

空白期間

私も18歳から22歳まで風俗とたまに昼職をする生活をしていましたが、元々高校が通信制だったのもありフリーターとしての職歴は十分ありました。

風俗で働きながら掛け持ちでコンビニで働いたりしていたので「履歴書の空白」がありません。

しかし風俗1本で働いている女の子の多くは履歴書に空白ができてしまいます。

世間から見た空白期間が、風俗嬢の昼職復帰のハードルを上げているのです。

昼職面接時に職歴の空白期間については必ず質問されます。

家事手伝いをしていました。」と言う人が多いでしょうが、面接官としては「家事手伝い=ニートか夜の仕事」と相場が付くので、面接官によっては家事手伝いの時点で問答無用の不採用を通達する人もいるでしょう。

資格持っている風俗嬢さんばかりではありませんので、無資格と空白期間のWパンチでなかなか面接に受からないため、風俗から抜け出せないと言う人もいます。

自由出勤への慣れ

風俗のお仕事は自由出勤です。

自分の出勤したい日、自分の出勤したい時間にシフトを入れることができます。

しかしフリーターではなく普通の昼職は月曜〜金曜の9時から17時までが、通常の勤務日・勤務時間です。

実際に1度昼職に派遣として復帰した女の子が、週5日の8時間勤務をこなすことができず、風俗に戻ってきたと言う話をりのこさんから聞きました。

自由出勤という働き方に慣れてしまったために、昼職に戻れないと言う女の子は多くいるでしょう。

私もその中の1人なんです。

現役で働いていた時もデリヘルだったので、夜から深夜にかけてのシフトで完全に昼夜逆転していました。

4年間夜型の生活をしていたため、現役を辞めて3年経とうとしている今でも昼夜逆転が治りません(泣)

昼夜逆転生活をしている人は、是非早めに生活リズムを昼型に戻してくださいね!

昼職に戻るのは難しい、でもこれから風俗で働き続けるのはもっと難しい

1度風俗1本で働いてしまうと昼職に戻るのは本当に厳しいです。

しかし昼職には戻れないから、これからずっと風俗で働くのはもっと厳しくなるでしょう。

前々から風俗業界の衰退についてお話をしていますが、皆様が思っている以上のスピードでお客様が減り、女の子が増加しています。

昼職に戻る不安は誰にでもあります。

私にもあります。

心の中では昼職に戻らなきゃと思っていても、1歩の勇気が踏み出せない人の方が多いです。

アプリコットはそんな昼職復帰を前向きに考える女の子のサポートをしていきます!!

是非キャリアカウンセリングだけでなく、目標を少しでも早く達成するための方法など、りのこランチでご相談ください!

S__4972595 写真 2016-09-12 17 34 47

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です