ホストにハマって、3000万を使い果たした実話。witten by 現役風俗嬢Aika

ホストにハマったお友達の話をします。
18歳から風俗をしていたあゆみちゃん(仮)は出勤する度10万ちょい稼いで端数だけお財布に入れてあとは全て貯金していました。
元々物欲も無かったので順調に貯まり3000万はあったと聞いています。
ある日同じ店にいた女の子に誘われて行ったホストの初回で出会ったホストがあゆみちゃんの人生に関わってくるのです。
ホストは駆け出しのホストでしたが、会話もはずむし何と言ってもあゆみちゃんの好みの顔だったので、初回から延長しそのままアフターへ行き、何となく色恋がスタートします。
あゆみちゃんはそのホストに会いにそのうち1人で店に行くようになりました。
新人だった担当は顔も良く話も上手いことからあっという間にナンバー入りし、色んな女の子のテーブルで指名が入るのであゆみちゃんは焦ったんだと思います。
延長して時間は沢山取るものの、付いている時間が短いのでボトルを入れたりと段々使う金額が上がっていきました。
それに比例して付く時間も増え、俗に言う色恋もエスカレートしていきます。
気付いた時には担当のエースになっていて同棲もスタートして完全本営になっていました。
担当はあまり人目も気にせずデートもしてくれましたし、外でかかるお金は出してくれていました。
彼のバースデーイベントではシャンパンタワーをし、あゆみちゃんの誕生日にはクロムハーツのペアリングをくれました。
冷静に考えるとわかるのですが、あゆみちゃんの払ったお金がそのホストの給料として入っているのでそのホストが使ってくれるお金はあゆみちゃんの払ったお金みたいな物。
でもあゆみちゃんの中では外ではお金を使わせ無いし、プレゼントもくれる優しい彼氏になっていました。
あゆみちゃんの貯金は目に見えて減っていき、あっという間に底をつきましたが、毎日毎日行っていると掛けで飲むという事も平気になってきました。

掛けを払うために月末前になると出稼ぎへ行き、まとまったお金ができると帰って払う訳です。
風俗をしている女の子ならわかると思いますが、この仕事は稼げていても病みますし常に稼げて順調な時ばかりではありません。

調子が悪い時などは仕事ができない程病んでしまいます。
出稼ぎ中も夜の大型掲示板などを見ては彼氏を問い詰める日々を繰り返し、あゆみちゃん自身も病んでいき彼氏との中も上手くいかなくなってきました。
つづく

S__4972595 写真 2016-09-12 17 34 47

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です