風俗で働く女性にとって、切っても切り離すことが出来ない性病。。

風俗で働く女性に限らず一般女性でも性病になる危険性はあります。
性病になるのを防げるかは、女性側の性病対策次第という部分が大きいです。

私もNSで吉原で働いていた当時、2週間に1度クラミジアに感染していた時期があります。

治ってはまた感染、治ってはまた感染、、の繰り返し。
一回クラミジアに感染すると1周間程度は出勤できませんので、体を酷使して仕事をしているのにもかかわらず、全然稼げないというストレスフルな毎日を過ごしていました。

性病の種類って?

性器ヘルペス、B型肝炎、尖圭コンジローマ、子宮頸癌、エイズといったウイルス疾患を始めとし、クラミジア感染症、梅毒、性器カンジダ症、トリコモナス、淋病、ケジラミ症などがあります。
エイズやクラミジアは有名ですが、実はこんなにたくさんの性病が存在します。

性交やオーラルセックスなどで感染される病気が多いですが、性的接触だけで感染するものばかりではありません!

性的な接触がなくても感染する病気も!

トイレやプールなど水を使う場所での感染や、ディープキス、フェラチオ、クンニリングスなど口や喉を介して感染する性病もあります。
ヘルペス、クラミジア、淋病、梅毒などです。

私も喉にクラミジアを貰ったことがあり、それに気づかず彼氏になどもクラミジアに感染させたことがあります。

自覚症状が無い場合は要注意

症状には個人差があり、感染に気付かず放置してしまう女性も少なくありません。 不妊、早産、流産の原因になってしまう危険性もあるので、何もないはずと慢心せずに定期的な検査をオススメします。

プレイ時の感染予防

プレイ前後のうがいは入念に

 お客様だけでなくキャストもしっかりうがいします。

プレイ前のシャワー

 グリンスを使って性器を荒い、痛みが伴ってしみるようなら性病の可能性が高いのでプレイを中断しお店に確認を取りましょう。

お客様の性器をチェック

見た目で、腫瘍やイボ、出血などないかチェックしましょう。

お客様の爪が伸びていないかチェック

長い爪で皮膚を傷つけられてしまった場合、そこから感染する可能性が高くなります。


感染してしまっても、性病の大半は治せる

万が一感染してしまった場合も、早期発見すれば大半は簡単に治療することができます。

不安なことがあれば、婦人科、泌尿器科、皮膚科などを受診して検査してもらいましょう。

店舗が提携している病院があることも多いので、まずはスタッフに相談することをオススメします。

大切なのは、性病を怖がるのではなく、性病にならないようにしっかり予防すること。しっかり予防して感染経路を減らすことで、感染する確率はグッと低くなります。

それでも気になる方はお気軽にご相談下さい。

S__4972595 写真 2016-09-12 17 34 47

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です